menu


旅行先で役立つカードローン

カードローンは国内・海外旅行をしているときも役立ちます。

旅行中はプラン変更により、予想外の出費となることが少なくありません。

そんなときは、財布・口座にもお金がなくなり、友人に頼らざるを得なくなるケースもあるのです。

しかし、お金の借り入れを頼むのは非常に嫌なことでしょう。

友人だからこそ借りにくいため、突然の融資にも対応できるカードローン契約をしておいたほうがいいのです。

まとまった金額の借り入れをしても、短期間で返済すれば利息は最小限に抑えることができます。

10万円を1ヶ月間借りても、利息は2,000円未満なのです。

家族や友人から10万円を借りるというのは、簡単なことではありません。

1万円くらいだと対応してくれるケースもあるでしょうが、10万円となるとほとんどの方は貸さないのです。

旅先では思わぬトラブルやアクシデントに見舞われるものです。

観光地めぐりに夢中になっているときに、財布を落としてしまうことはよくあります。

海外旅行では盗難に遭われる方も多く、現金を調達する手段がなくなってしまうこともあるでしょう。

しかも、現地通貨を把握していないと、両替するのも楽ではありません。

カードローンのサービスがあれば、現地通貨でお金を引き出すことができるのです。

財布とカードを別々に持っておき、万が一のときに備えるようにしましょう。

カードを1枚持っておくだけで、旅先での安心感は飛躍的に高まります。

契約するだけなら利息はゼロであり、あくまで借りたときにはじめて利息が発生する仕組みとなっています。

リボ払いの種類

カードローンの契約を結ぶ前に必ず確認しておきたいポイントに返済方式があります。

カードローンサービスにはいくつかの返済方式があり、業者によってどの方式を採用しているかはバラバラです。

それぞれの返済方式には特有の長所・短所があるので、その点をしっかりと把握しておかないと、返済金額が大きくなってしまったり、返済期間が長引いてしまったりする可能性があります。

現在、最も多くの業者に採用されている返済方式がリボ払いです。

ただし、リボ払いにも大きく分けて3つの種類があるため、しっかりと確認しなければなりません。

元利定額リボルビング方式は毎月一定の返済額の中で元金部分と利息部分を決まった割合で返済していくものです。

この方法だと支払額が常に一定なので返済の見通しを立てやすいメリットがありますが、返済開始時は利息部分の割合が大きくなってしまうために返済が長引く恐れがあります。

元金定額リボルビング方式は元金部分の返済額が常に一定で、それに利息を合わせて返済していく方法です。

この方法は元金部分が返済開始時から確実に減っていくので早期返済が可能になりますが、残高が多いと支払う利息も大きくなってしまいます。

残高スライドリボルビング方式は借入残高に応じて返済額が変動するといったタイプの返済方式です。

返済額は契約時に決められており、たとえば残高10万円までなら毎月の返済額は5000円、10万を超えて30万円までは毎月1万円といった具合です。

リボ払いは残高が多いと返済期間が長期化してしまうのが欠点ですが、この方式はその欠点を解消しており、現在最も多く採用されています。

関連サイト

  • 主婦キャッシング・・・専業主婦がお金を借りてみた口コミ、人気の主婦向けキャッシング会社の紹介等。